1を大切にしなきゃダメだなっていうお話

どうも、こんにちは(*’▽’)
ムスクの中の人です。

今回は、また雑談じみたお話です。
というのも、ちょっと聞いてくれます???
何がって、自動車乗ってれば当然保険に入っているのですが、ちょっと前に事故ってしまって保険金請求とかのやり取りを保険屋さんとしてたわけですよ!
んで、最初は優しい感じのお姉さんが対応してくれていたのですが、前回くらいのやり取りから、やけに言葉にとげのある人に変わったんですよ、てっきり、そのお姉さんがお休みで一時的に変わっているのかと思ったら、なんでもその人の上司に当たる人とのことで、これがまたすっごい上から??目線で、なんでそんな言葉尻こそ敬語なもののえぐみにある話方するんだろうなと、ちょいちょいなめてる?感じで話してくるわけですよ!

話してる内に、だんだんイライラしてきて、、、、久しぶりに言葉が荒れましたね。

 

なんでなのかなと思うのですよ。外交員の方々が日々頑張って営業してくれてそういった間接業務が生まれているのに、それを台無しにしちゃうようなことを、なぜ平気で出来てしまうのかと。

人を下にみて、なめてかかるというか。その人も人間なので、いやなこともあるでしょう。虫の居所がわるいこともあるでしょう。
でもね、その1人の顧客の大切さを忘れるに値するほどか???と。

今でこそ、おかげさまでたくさんのお客さんが来てくれるホテルになってきておりますが、赴任してめっちゃ暇で、お客さんが来なくて、せめてキレイにしようとカビ取りやら、ちょっとした自分で出来る補修やらやってる内に、見慣れたカップルさんが1組、また1組って感じで増えてきて、、、

初めて満室になった時とかスタッフさんと「おおおお!満室になった!」なんて感じで喜んだりもしましたが、そんな1が増える喜びって変わらずに持ち続けないと、先日くらったああ言う上司になってしまうのだと思ったのですよ。

 

実際は、一日の組数が30だったら30分の1なのかもしれませんが、濃さというか、大切度は1分の1でありたいなと。
正直、全部が全部100%の力を出きれているかと言えば、違うかもしれません。
でもね、僕はやっぱりムスクに来てくれるお客さんを大切にしたいと思うんですよ。

と、まぁ、先日あったやなことからの、これからも1を大切にしたいなっていうお話でした。

 

でわでわ(V)o¥o(V)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です