テトラポットを歩いていて思った事(寄り道・戻り道・進む道)

どもども☆
ムスクの中の人です!

今日はイベントやらなんやらってお話ではなく最近テトラポットを歩いていて思った事を書こうと思います!
今年から釣りを再開して色々と歩きながら考える事にも繋がって刺激を受けているのですが、テトラポットって普通の道と違ってあっちゃこっちゃくねくねと進むんですね。
時にはこっちからは先に行けないけど、あっちからなら先に行けるって事があるんです。
これって、人生も一緒じゃね?と思ったんすよ。

人生色々と悩む事もあると思います。それが障害でもあり足元のふらつきにもなるのですが、全くもってダメな時は行き方やそもそも釣る場所を変えてしまえばいいんですよ。人生はそんなに簡単にあっちゃこっちゃ出来ないですけども、心の置き所ってそこじゃないかなと。

そして、あれがダメならこれで!これでダメならあっちで!てな具合に常にフラットな状態で進んでいることがとても大切に思ったわけですよ。

ふとこうゆう風に思うことは多々あるのですが、よく仕事って何かの歯車にたとえられますが、人生自体は誰かの歯車なんかじゃなく自分で切り開き居直り、そしてまた進んで行くものだと思うのです。

どうしても他者に影響されてしまうこともあろうかと思います、そんな時はテトラポットと一緒で別のルートを探ってみるのもいいんじゃないかなと思います。テトラポットは動かせないけども、自分はサクサク動けますしルートを探している内にチャンスはどんどんなくなってきてしまっています。

そんなわけで、最近思った事でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です