優しいってなんだろなってお話

どうも、こんにちわ( ^ω^ )
ムスクの中の人です。

今日はちょっと、なんだろうなぁ。ふと思った事の雑談です。

先日、YouTubeを見ていたのですよ。
あれって、オススメとか関連動画とか出てくるじゃないですか?
それで、はなわさんの「お義父さん」って曲がはさみこまれたんですよ。曲自体は知っていてUSENとかで一時期流れていたので、、、

ただ、まじまじと聴いてみるとすごい良い曲だなぁって思ったわけです。
実際、僕は独身ですし子供もいないわけですが、はなわさんをこれまで支えてきた奥さんってどんな人なのかなぁって。

その時にですね、なんか優しさって反対側があるからそうなれるんではないかと思ったわけです。
光と影的な?

きっとめっちゃ辛い思いしてると思うんすよ、その時々に。
母子家庭だなんだとか、進学するしないとか学費がどうこうとか。

あ、これ逆説的に裕福な環境だから冷たいとかそうゆう話ではなくてです。

挫折とか、骨折とか、失う悲しさとかある人などの、その部類のお話です。

骨折した箇所って、どんな骨折かにもよりますけども、基本的にはその折れた箇所って折れる前より強くなるんだそうです。

ちょっと話を戻して、、、まぁ、考えれないくらいの辛い思いをすることって人それぞれにあると思うのですよ。

 

きっとそうゆう経験をされている方って言うのは、行く先々は違えど、やっぱりどこか優しいように思うんですよ。
火傷をしたことある人は、火傷の痛みを。カッターで切ったことある人はその切り傷の痛みを。

そうして優しくなるとするならば、優しいってなんだろなって。ふと思ったわけですね。

 

こと、僕が赴任してからのムスクにおいてはお客さんがほとんど居なかったところからスタートしているので、毎日めっちゃ正直めっちゃ寂しかったわけですね。
1を大切にしなきゃだなってお話でもちょこっとお話しましたが、一人二人と増えていくことで、めっちゃ嬉しいんですね。

スタッフだったり僕の対応を良く思ってくれて、お部屋のノートにコメントをくれる方がいるのですが、それってお客さんが来ない時の寂しさや来た時の嬉しさからなのかなと思ったりもしているんですね。

んで、優しさってなんだろなって思ったんですよ。

 

でも、そう言った苦労や悲しみをひけらかすのも違うし、実際のところそう言った経験をしているかどうかなんて、その人にしかわからないので、、、うーむ、答えは頭の渦の中で渦巻いていますね。

 

ただ、ムスクはこれからも、こうしてあげたいなって所はどんどん取り入れて行きたいですし、こうされたら嫌だなって所は改善していく心持ちで営業していきたいと思っておりますので、もし、もしも、ムスクが至らぬばかりにご迷惑、ご不快な思いとさせてしまった時は、誠心誠意応えてまいりますし、もっとこうしてほしいなぁって所はどしどしご意見、ご要望を頂けましたら幸いでございます。

 

今回は、あんまりまとまりのない内容となってしまいましたが、これに懲りずにこれからもブログにお付き合いのほど、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

そんなこんなで、でわでわ (V)o¥o(V)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です