ムスクのよりよいホテル作りへの道1 プチ改装編 303号室

どうも、こんにちは。
ムスクの中の人です。

今回は、先日Twitterにて実況をした303号室のプチ改装についてのブログです。

そもそも、なんで自分で色々行っているかというところなのですが、ラブホテル業界って言われているようにめっちゃ儲かるってわけではないんですよ。。。

実際には店舗数も数年前から比べたらかなり減っていて、斜陽産業に位置付けられていたりもしますし、いわゆる犯罪の云々で規制の対象になったりもしています。

ただ、たしかに業界で見れば利益率が高くて云々というのはあるにはあるのですが、それはチェーン展開されているような大手さんのお話ですね。

ことムスクに置いては、長らくご愛顧頂いている方はご存知かもしれませんがめっちゃ古い建物です。
最近流行りのバリ風だったり、モダンでシックな作りだったり、お風呂がボコボコしたりキラキラ光ったり。。。
そう言った設備は、一切ないのです。

実際それらのお部屋作りや設備にしようとすると、冗談じゃなく億がかかります。

でも、僕自身の考えてとしてですが、そういったお金がないからお客さんをもてなせないかって、決してそうではないと思っています。
例えば、レンタルだったり、細々とした「あってほしいもの」ってたくさんあるのだと思います。

それらは、ちょっとしたお部屋作りにも言えると思うのです、破けたままのソファーとか、端っこが剝がれたままの壁紙とか、ちょっとした手間で改善できてしまうと思うのです。

とは言え、そりゃもちろんもっと喜んで頂きたいので、いずれはお風呂もお部屋もキラキラした、いわゆる夢のようなお部屋にしたいとは思っております。

それまで、一気にはそこにたどり着けないので、一歩一歩進んでいるところでございます。

その一環としてのプチ改装なのです。

で、あんまりラブホテルっぽくないですが、工場見学的な感じでブログを見てもらえたらまた違ったラブホテルの楽しみ方にもなるかなぁなんていう風にも思いブログに書いてみました。

まぁ、書いてて思いましたが、お風呂はトイレ別が絶対いいですし、お部屋もキラキラしてて欲しいですよね。。。

とりあえず、一歩一歩進んでいきたいと思います。

お部屋のノートの書き込みが僕のモチベーションなので、いらっしゃった際に書いてくれたらすごく嬉しいです。

さて、303号室のプチ改装ですが、まずはシートを貼っていきました。

貼ったのは、↓こちら

リンテックサインシステム株式会社のパロアシリーズ

PGM-253

http://www.paroi.jp/html/paroi/catalog_2014-2016.pdf

303号室は全面鏡張りのため、けっこう派手派手しいのでトーンの落ち着いたシートにしました。

まずは鏡台から↓こんな感じ

 

この状態からコーキングを切り取ります、↓こんな感じ

そして、パテ埋め↓こんな感じ

そして、シート貼り

そして、コーキング打ち

そして、完成↓

これで鏡台が終わりです。

続いて、テレビ台です↓

作業前↓

いろいろ邪魔なものをどかして↓こんな感じ

そして、シート貼り↓こんな感じ

 

次はベット上の天板をきれいにします、↓こんな感じ

いろいろ外していきます。↓こんな感じ

そして、貼ります。↓こんな感じ

↑その間に、USENの台座を塗装しました。↓こんな感じ

次は、ベット周りに取り掛かります。

貼ったのはこちら↓

シンコールマテリアル株式会社

イグナイト L-1005

http://sincoldb.com/digitalcatalog/leather2015/index.html

まずは、古いカバーをはがしていきます

古いベットカバーちゃん、長い間お疲れ様でした。

はがすとこんな感じ↓

まさかの2段構えで、もう一つ古いベットカバーちゃんが出現!
これは接着剤でついていたので、そのまま上にかぶせていくことにしました。
上にクッションを当てていきます↓こんな感じ

そして、新しいカバーをあてていきます。↓こんな感じ

これを鋲で止めていらないところをカットします。↓こんな感じ

ちょっとピンボケしちゃってますね汗

あとは、あとかたずけして、完成。

ビフォーアフターでこんな感じ

ビフォー

アフター

と、そんな感じで、ムスクのよりよいホテル作りへの道1 プチ改装編 303号室完了です。

他にもいろいろ細々と直していき、心地よくお過ごしいただけるよう励んで参ります。

最後まで読んで頂き、まことにありがとうございます。

どうぞ、末永くご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

ではでは。

5 件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      これからもそのように思って頂けるよう、よりよいホテル作りに励んでまいります。
      ちなみに、ブログ開設から初めてのコメントでございました、ありがとうございます(^◇^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です