ホテルムスクの客室紹介 202号室

どうも、こんにちは(*’▽’)
ムスクの中の人です。

今回のご案内は、前回に引き続きお部屋のご案内です。
こちらも2階のお部屋となっておりますので、お風呂とトイレが別のタイプです。
早速、どんな感じになっているのか見ていきましょう!!

まずは間取り図から☆

間取り図

こんな形のお部屋となっております!
では、入っていきましょう(^^)/

入口

こちらの扉も特に表装をいじってないので、古めかしさ全開ですね。
少しずつキレイにしてきますので、それまで少々お待ちくださいm(__)m

扉を開けると・・・

内扉

こちら防音のための扉となっておりますので、ご滞在の際はお閉めになってお過ごしください(‘ω’)ノ

この扉を開けると・・・

このまま進むと・・・

お部屋

こちらが・・・

ソファー

なんか、微妙にピンボケしちゃってましたね汗
向かい・・・

テーブル

なんか、へんな形の造作がされてますが、昔はテーブルを光らせたかったのですかね。。。
反対側は・・・

テレビ・冷蔵庫

こちらも近々直す予定ではありますが、なんとも変な配置となってます。
ただ、ソファーに横になって肘置きを枕代わりにしてテレビを見上げるとドンピシャな角度となっていて、「えっ!?これってそうゆうことなの?」とちょっと腑に落ちるくらいには、居心地が良いです(笑)

続いて・・・

ベット

こちらのベットもダブルサイズで、手足を拘束出来る拘束ベットとなっております。
↓こんな感じ。

201号室同様にベット上には隅っこになにかと便利なあひるちゃんがいます♪
そして、ベットの反対側は・・・

こんな感じになってます。
ちなみにこのベットスペース、拘束ベットだけじゃなく、頭と足元に照明演出が施されていて、照明の色を自在に変えれます!

↓こんな感じ

白ランプ

赤ランプ

緑ランプ

青ランプ

なんか、写真で見るとけっこう幻想的ですね。一眼レフってすごいですね(笑)

続いて・・・

洗面

左がドライヤー。右のピンクのポーチが歯ブラシなどのアメニティーセット、奥が化粧水や洗顔となっております。
なんか、カメラさんがロボットみたいに見えますね。
そのうち、こんくらいのロボットが身の回りの世話をしてくれる日がくるのでしょうかね。

続いて・・・

トイレ

こちらも壁面をどうにかしたいところですね。。。

続いて・・・

お風呂

めっきり見なくなったラメラメ仕様のバスタブとなっております。
この浴室も、照明の色を自在に変えれます☆

↓こんな感じ

白ランプ

赤ランプ

緑ランプ

青ランプ

と、こんな感じのお部屋となっております。
写真を撮りながらも思いましたが、ブログを書いてて再確認したのは、もう少しお部屋を整えたいなと。。。

一度に全部は出来ないけども、少しづつでもより良いホテルにしてきたいと思います(^^)/

でわでわ(V)o¥o(V)

 

2 件のコメント

    • とるさんへ

      お問い合わせありがとうございます。
      なんで鏡が多いかというと、さかのぼること数十年前にラブホテルという業態が多いに人気だった頃の話になります。
      その頃は、性的興奮を煽る趣向の部屋づくりが主流となっており、鏡以外にも回転ベットなど、非日常感をいろんな形で表現しておりました。
      そして、様々な問題があり、ラブホテルに規制が入り、現存するラブホテル以外はそうゆうお部屋を作ってはいけませんとなりました。
      これがいわゆる旧法のラブホテルと呼ばれるホテルです。
      そして、ムスクにおいてはその頃から大幅なリニューアルをしていないため、他のホテルさんは今風になっている中、ちょっと置いてかれているので、目立って鏡が多いように思うのです。

      と、このような流れで鏡のお部屋が多いのです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です